BICYCLE GRAFFITI

自転車の記録

CATEGORY SCHLITTER LIGHTNING HALUZAK TW-BENTS GREEN SPEED BURLEY PERFORMER CHALLENGE M5 Pacific ALBUM
TYRELL ALEX MOULTON BikeFriday Panasonic BRIDGESTONE BROMPTON BRUNO DAHON r&m FORCUS

r&m リーズアンドミューラー

暫くさよならBD-1

DSCN7880来たるべきコンフォートリカンベントにブレーキとレバーを奪われ、暫く乗れなくなってしまう予定のBD-1に乗る。
ついでに、GIANT氏ベントライダー化計画の一環として「かもめ町」でCOBRA練習走行会。
だいぶ乗れているように見えるのだが、本人は疲れる疲れるとしきり。
まだまだ上半身に力が入っているのかな。 
DSCN7881前から。

結構、様になっている気がするのだが。

あとは、ひたすら8の字を描くだけ。
自宅の周りに思いっきり乗れる練習場があると良いのだけれど。

気が付けばBD-1の写真を一枚も撮ってなかった…orz

荒川CRから芝川 CR

DSC03148本日は初めての芝川CR。荒川CR平井から北上。
久しぶりにポケロケに乗れると、前日から心躍らせていたのだが、朝、準備をし始めたらパンクが判明。生憎、予備のチューブは横浜に置き忘れてきた(涙
東京にはBD-1かトレンクルしかないので仕方なくBD-1で出撃。
テンションがだだ下がりの状態で待ち合わせ場所の平井駅へ。

本日の記録

来週はトライク三昧と決め込みたいのだが、予報で気温35℃と聞くと…
  
DSC03151荒川CRは今日もローディーで大盛況。
休憩ついでに暫く眺めていたら圧倒的に小径が少ないことに気付いた。
多摩川だともう少し小径率が高い気がするが… 
色々なバイクに乗った色々なポジションの人達が見れて楽しかった。
DSC03152岩淵水門手前の鹿浜橋を渡り、芝川CRへ入るがCRの写真は撮らなかったた。
結論から言うと、芝川CRは平面交差が多く走りにくい。川自体も周りの景色もポタ向きとは言い難い。この後の緑のヘルシーロードを楽しむのが正解。
ただ荒川左岸CR、新芝川排水機構の手前に自転車版道の駅のようなものを発見出来たのが一番の収穫。調べると「みはらし茶屋(旧レストランさくら)」と言って、上流の「山田うどん」と並び称される補給ポイントらしい。今度立ち寄ろう。


 

3大たい焼ポタ

DSC00724本日は予てから計画していた”3大たい焼を食べるポタ”に出る。20数キロなので2時間位と高を括り昼飯に出るくらいの気軽な気持ちでスタート。実際は待ち時間などあって3時間弱かかってしまった。
本日の記録
計画
人形町甘酒横丁柳屋。アド街で放送されたばかりなので40人ほどの行列が。この日も日テレの取材カメラも来ていて写ってしまったかも(涙 このあんは好き。

DSC00727人形町→日本橋→東京駅→皇居(二重橋)→国会議事堂→六本木となかなか充実した東京観光ルートをポタりながら、麻布十番浪花屋総本店(およげたい焼くんのモデルのオヤジで有名)に到着。
さぁ、食うぞと勇んで店に入るなり、おっさん店員が「お持ち帰りは50分待ちっ!」とかなりぶっきら棒に門前払いを喰らう。すっ飛ばして四谷たいやき わかばへ(写真)。
皮は薄めで柳屋より好みだが、餡が少しドライな感じ。   
DSC00732浪花屋の消化不良を埋める為、3大では無いが評判の”根津のたいやき”を目指す。四谷から青山と外苑東通りと西通り間の道のおしゃれオープンカフェの前を駆け抜け、神楽坂を登り五十番へ。口直しに写真の肉まん。
ボリュームは相変わらずだが、数年前に食べた時より肉汁がかなり増量されている気がする。おかげで服も手も油だらけ(汗
でも、今日一旨かった!
DSC00736根津神社の入り口付近にある”根津のたいやき”。定休日は火水とあるので売り切れ閉店か。今回のたいやきの中で一番期待の薄皮パリパリタイプらしいのでかなり残念…。
そもそも、たい焼なんぞに興味を持ったのは、”銀だこ”チェーンを展開する会社が始めた”銀のあん”の”薄皮たいやき”を食べて旨いと感じてから。チェーン店のたい焼が旨いんだったら、3大たい焼ってどんなもん? と言うのが今回の企画の発端だった。 
DSC00737本日の主目的だった加茂屋謹製スーパーバーディーFサス装着で手放し時のハンドルのブレが止まるかどうかのテスト。
結果はダメダメ。
ある速度域に入るとノーマルサスよりも激しくブレるようになった。いくらなんでもこんな危険なリコール級のブレがデフォルトなわけは無い。ましてや加茂屋様のせいでもなく、固体の問題だろう。旧フレームに新パーツを組み付けたのが悪かったのか…
…いやいや、それを言っちゃぁお仕舞いなので、原因をフロントホイールの振れにあると決め付け、次回はホイールの振れ取りでブレが改善するかどうか試す。 
 

 

里山断念

R1021079本日は牛久大仏見物→霞ヶ浦→恋瀬川→石岡の里山というプラン。
風向きの関係で牛久スタートに変更したのだがこれが裏目に。何故か全旅程で向かい風(涙

本日の記録
 
R1021083遠くから大仏が見えた時は感動したが、近くからだと意外とつまらない。
隣にスカイツリーか何か立っていれば判り易いんだろうけど。
さらに近づくには拝観料700円払わないとならないので、早々に退散(笑
でっかいものは遠くから見るに限る(ほんとか?)。スカイツリーに登って大仏見るゾ! 

それはそうと、このBD-1、欠陥商品であることを確認。ある程度の速度でハンドルから手を離すとフロントがブルブル震え出す。前回、追い風に押されて50km/hで走行した時もハンドルをしっかり握っていたにも関わらず小刻みに震え始めた。これにはヒヤリとした。僕の改造のせいで強調されているのだとは思うが、 起きていることはこのリンク先の記述通りだと思う
新しいフレームは対策されているのだろうか。

R1021104大仏を後にして霞ヶ浦西岸を走る。延々とこの風景が続く。詳しくは過去のツーリング記事で
反対側はレンコン畑が延々と。非日常であることこの上なし。震災からの復旧工事もだいぶ進んでいるようで道も綺麗で走りやすい。 夏前には霞ヶ浦一周をもう一度やりたい。
と、いかにも湖岸ランを楽しんでいるかの様に書いているが、冒頭でも述べた通り、Yahoo天気の風予測では午後から南風に押してもらえるはずだったのだが何故か終始向かい風。地味に体力を奪われ続け、短い距離にも関わらず時間が掛かって雲行きも怪しくなって来た。あぁ、こんなことなら里山スタートするんだった。
DSCN6775雄大な景色にも、向かい風にも飽きたところで遅めの昼食。湖岸にてgoogleマップで調べると500mほどの場所に食事処。
そして、エゾ鹿のシチュー、ナマズのフライ、昔風ラーメン。
メニューに金目の煮付けがあったのでそれも食べたかったのだが、ここはネタ優先で。ナマズはお初。淡白で柔らかくマズく無いところが意外。エゾ鹿は独特の臭み。
R1021114恋瀬川手前で湖岸道路の復旧工事にぶち当たり、未舗装を相当走らされ、3時近くになってやっと恋瀬川に到着。が、川岸の道路(CR?)がこれまた未舗装。とうとう根負け。天候もどんよりとして気分が盛り下がってしまたので里山は断念することに。高浜駅から輪行。
少し走り足りなかったので、北千住で降りて竹ノ塚の中古自転車屋にパーツを買いに。
追加で18kmほど。

上野公園でお花見マンゴスムージーは雨でお流れ。明日こそは。
週末はブロで鎌倉。
 

DAHON PRESTO SL ダイエットⅥ

DSC00263横浜より上京して、荒川→入間川→越生(梅祭り)→多摩川 を企画するも、7m/s の完全向かい風に阻まれて断念。追い風に乗って荒川を36kmほど下って帰宅。

予定よりずっと早く戻れたので、昨日、不在で受け取れなかった荷物を上野郵便局に取りに行く。
荷物とは下の写真のPRESTOのダイエット部品。
DSC00280あまりに下品にギラつく銀色に(個人の感想です…)買ったは良いが使わずに封印しようかと思っていたALLIGATERのiLINKのケーブル シルバー(写真右)。安物買いの銭失いと半ば諦めかけたところで、毒を以って毒を制す、黒を買い足すとことでその下品ギラギラの欠点を補う事が出来ると思いついた。無謀にもヨドバシドットコムで写真左のALLIGATERのiLINKのブラックを勢い良くポチッたのが5日前。
 
DSC00294そして、組み付け。
結果は写真のように。
ボディー色同様に銀と黒を交互に使う事でなかなか良い感じに仕上がった。

でも、普段  300円/m ほどのケーブルで充分満足している身としては、いくらダイエットの為とはいえ12,000円(2個)はちょっとね…。
DSC00297ハンドル付近。 
DSC00293サドル側から。
長さについては何度でもやり直しが可能なので、畳んでは戻してを何度も繰り返しながら微妙な調整をする。

折りたたみストレスがゼロに。

DSC00288リア周り。
クランクに接触しないように、折り畳んだ時に延びきらない長さでギリギリに調整。

ダイエットはこれで終了。吊り量りを買い直してから軽量したい。
暫くこのまま楽しんでから多段化。+500gくらいで収める為に研究&金策…。

BD-1 完成!2

DSCN6681暫定でSHIMANOの安物を装着していたフロントのミニVブレーキをTRAPのM920 に交換。
 
DSCN6682重量はあるが安定感と片面SPDという利便性で選んだSHIMANOのPD-A530。
SPD側は試していないが、フラットペダルの方は踏み応えも抜群で良し。 
DSCN6684大体完成と思って撮影したが、バーエンドキャップが暫定だったことを思い出す。
バーの内径が小さいため大抵のキャップが入らず、やっと見付けた現在のものも写真でも判る通りキャップ部が大き過ぎてかなりはみ出してしまっている。 
DSCN6689で、Y'sに走り、見つけたのがコレ。
このビジュアル、コインマジックのタネのようだ(かなり昔に購入経験あり)。 
DSCN6695装着。
まだ若干大きいが、ベストが見つかるまでこのままで。

これにてBD-1は一旦終了。

BD-1アルバム追加

DSC_4749BD-1のモディファイがひと段落したので、臨港パークで撮影。アルバムを追加。

アルバムはこちら
DSC_4790SELLA SMPはBD-1の一本締めシートポストの櫓にはレールの形状が合わず装着出来なかったのでポケットロケットに。
う~ん、イイぞぉ。
ハンドルステムも3cmほど下げて、より戦闘的になった。
来週あたりはポケロケで遠くに行きたいなぁ。

BD-1、お化粧熱沸々と

DSCN6451「暫くはノーマル」と言う前言を撤回、パーツ集めを始めてしまった。ブレーキレバー周りのガチャガチャ感にどうしても納得行かなかったので、いずれ手を付けることにはなっただろうけれど、DIRECT CURVE 5がちょうど後輪分だけ安値で出たのが引き金になって、お化粧熱が沸々と湧き上がってしまった。ちなみに後輪分だけがベストと考えたのは前輪はサスペンションと干渉してCURVE 5は付かないと踏んだから。
意志薄弱を嘆きながらも、週末が楽しみでワクワクしている。

r&mロゴシール自作

DSCN6412フロント廻りからガチャガチャと異音がするなぁと思っていたら、実はパーツが足りてなかったことが判明。
早速、交換。
結果、音も少なくなり、ホールドもカッチッと決まるように。
ガタが取れるとバイク自体がグレードアップした感じになるのが不思議。
DSCN6413本日のメインミッションはカッティングシートで製作したr&mロゴを貼る作業。
専門ショップ数店で生産終了、在庫無しと言われて、絶望の中、自作を決意。
webで拾ったロゴ写真から、フォトショとイラレでなんとかデータを捏造し、街のデータ出力屋さんでカッティングしてもらった。
サイズもデザインもだいたい合ってるレベルだが無問題。 
DSCN6418こんな風に貼って。 
DSCN6433完成。
銀黒はシブい。 
DSCN6423横から。
サドルを薄いものに取り替えてみた。
俄然、スポーティになったが、タイヤの高さが気になり始める。ポテッとして見えるよね。
 
DSCN6421斜め後ろから。
モディファイしないとか言っておきながら、ブレーキレバーとブレーキだけは交換したい。
そうなるとKCNCでダイエットして、軽々輪行マシンってのも良いかなぁ…とか。
現在、写真の状態で9.6kg

BD-1シェイクダウンで多摩川

BD-1組み上げに朝まで掛かってしまったが、BD-1のシェイクダウンに多摩川へ。その後、浅川へ行く予定を変更して野川を遡上。 Si氏ご夫婦と合流。
写真は野川の公園にて。

本日の記録
BD-1サイドビュー。RMのロゴシールを貼れば完成。
今回はあくまで暫定的組み上げで、後でバラしてクリア塗装をしようと考えていたのだが、ちょっと面倒臭くなってきた。
このまましばらくは定期的に磨き続けて、磨き飽きたら塗装しよう。

 
BD-1後方から。
モディファイしないと心に決めていたが、ブレーキレバー、ブレーキ、シフターは変えたくなってきた。

にしてもCanon IXY1ボロい(涙
  
BD-1前方から。
走行性能は、ブロンプトン<<<BD-1<BSM と言ったところ。
逆にフォールディング性能は、ブロンプトン>BD-1>>>BSM。
走行性能-中、所有感-中、フォールディング性能-中。あらゆるシチュエーションに平均点が叩き出せるバイク。
なにはともあれ多摩川CRのデコボコ路面を快適に走れたので活躍の場は多そう。
 
BD-1Si氏のSiがモディファイを受けて生まれ変わった。
白のマントラとマンゴーイエローのタイヤ。
マンゴーイエローのタイヤは絶対に無しだと思っていたが、現物は意外と調和が取れていて、すっかり”おしゃれさん”のバイクになった(ポンプが邪魔な気がするが)。
マントラの座り心地も良好とのことなのでこのモディファイは大成功。 
IMG_0309でも、ヘッドバッチがあるといいな。
なにか、気の抜けた感じのするフロントビュー。丸裸のBD-1よりプライベーター感が強い。
新旧どちらでも良いので是非ともヘッドバッチを。

BD-1組み立て

BD-1Wiggleから届き物。
待ち望んでいたのはヘッドパーツプレス。これでBD-1の組み立てに入れる。 
BD-1こちらはY'sで購入したBD-1のパーツ類。
これとフォークのボルト+ヘッドバッチ+Capreoカセットがある。
さぁ、組み立てよう。 
BD-1と言うことでヘッドパーツプレスにシールドベアリング用のアダプターを装着。
6cm角のアルミ板にハンズで30mmの穴を開けてもらったもの。
センターをキープしたままヘッドパーツ本体を押せる。板がないとシールドベアリングを破損してしまう。
 
BD-1ご覧のようにあっさり圧入。
この後、細々した所で悩みながらの組み立てになり、思ったより時間が掛かってしまったので車庫を後にしたのは朝4時半。

本日は朝から多摩川でシェイクダウンの予定だったが、出発は午後。

組み立て後の様子は次の記事に。

ワークベンチとサンダー

DSCN6400本日は三浦にでも出かけようと計画していたのだが、夜更かしが祟ってPM2:30起床。
ということで今日も磨きの日に。
サンダー掛け用にワークベンチを購入。ホームセンターで3,980円。
僕はこういう組み立て物が大好きだ。ブックシェルフとかワイヤー棚とか。
楽しい~♪

DSCN6403が、あっという間に完成して少し寂しくなる。
意外としっかりしていて使えるかも。
さぁ、磨くぞ。


DSCN6405仮組によってモチベーションが上がったせいか、とうとうサンダーを持ち出して真剣研磨。
サンダー掛けの技は浪人時代に工場でバイトした時に習得している。昔取った杵柄とはまさにこの事。
本日は遅くなったのでリアスィングアームのみで終了。
明日からの作業に期待。

BD-1 SPEED 仮組み

DSCN6394BD-1のパーツが届いたので研磨作業を中断して仮組みしてみた。
ご覧の通り、BD-1 SPEED 2012-フレームモディファイモデルになった(笑
僕の理想のBD-1はまさにこれ。
普段ならすぐにモディファイに走るところだが、今回はノーマルで楽しみたい。

DSCN6398真横から。
完成時の姿が見えてくるとモチベーションが上がってくる。
ただただ、ひたすら磨き込みたいと思う。
DSCN6390前方からCapreoレバーはちょっとダサイと思うが、ノーマルに拘ってこのままで。
結局、105のフルセットがまた余ってしまった。 

DSCN6397上野のショップで涎を垂らしながら眺めていたDA22とIRCの組み合わせ。
格安で手に入ったのは嬉しい。

一日磨いて

DSCN6335一日磨いてチェーンステー終了。
結局、内側は手磨きになった。

蕎麦を食い、ベットの上でテレビ見ながら更に磨きをかけているところ。
フロントフォークは年を越してしまった。 
Wiggleでヘッドワン圧入工具とクラウンレース圧入工具をポチる。

これが今年一年の締めくくり。 
さぁ、明日はピーカン。初乗りは横浜ポタで!

半日かけて磨くも

BD-1ポリッシュ半日かけて磨いて銭湯の鏡くらいにはなったが、うっすら乗った曇りがなかなか取れない。
強度を考えて地をさほど削らなかったのが敗因か。

明日は、フォークとチェーンステーを一気に終わらせたい。角パイプばかりだから行けるかも。
ウレタンクリアーを吹くべきか吹かざるべきか思案中。