BICYCLE GRAFFITI

自転車の記録

CATEGORY SCHLITTER LIGHTNING HALUZAK TW-BENTS GREEN SPEED BURLEY PERFORMER CHALLENGE M5 Pacific ALBUM
TYRELL ALEX MOULTON BikeFriday Panasonic BRIDGESTONE BROMPTON BRUNO DAHON r&m FORCUS

COLNAGO コルナゴ

コルナゴ予定外の初輪行

DSCN5753昨日は寝坊&朝の天気が良くなかったので三浦半島一周サイクリングを中止。
そして、本日、仕切りなおしてAM8:30 コルナゴで出発。
輪行無しで、自宅から自宅までの110km。

朝一の軽い登坂で久保山を越えて磯子から南部市場へ。市場内の食堂で朝食を摂る予定だったが、なんと食事処は日曜休み。土曜はやってるのに…調査不足を恨みながら失意の再スタート。しかし、ここでの停車時間がロガーに反映されなかった方が問題。ロガーソフトを考え直そう。

本日の記録
DSCN5749いつもの馬渕海岸。
朝から晴れ渡り、絶好のサイクリング日和。
ここまで美しい馬渕海岸は久しぶりで今後の展開に心躍る。

が…ここを離れて観音崎を過ぎた辺りからひとつふたつ咳が出始め…

DSCN5756朝から鼻水が出ていてなんとなく違和感を感じていたが、三浦海岸に到着する頃には中止の決断を迫られるほど咳が悪化。のんびり時間を掛けて50km足らずしか走って無いのに漕ぐ脚にも力が入らない。
最近、風邪をひくと必ずこじらせてしまうようになったのでここは勇気を持って撤退することに。
久里浜まで引き返し京急で輪行。しかしこの天気、もったいねー。
緊急用に携帯していた前輪外し輪行バックが活躍して無事帰還。薄くて安くて超軽量でとっても便利。

釣り道具虫干し

DSCN4823コルナゴのトゥクリップを手に入れてエアロペダルに戻す計画は、立ちゴケへの恐怖から頓挫。代わりにビンディング化に着手。
シマノペダルPD-A600。ULTEGRAグレードで歴代最軽量のSPDペダルだそうだ。
決め手はエアロペダルに似ていること(笑
それでも、近くで見ると残念な感じ。
やっぱりエアロペダルの方が格好良いなぁ
DSCN4827が、遠目には違和感無し(汗
と、強引に自分を納得させる。
横浜ポタをコルナゴで昼1周、BSMで夜1周。
1日でペダルは傷だらけに。
DSCN4836昼と夜ポタの合間に釣り道具を引っ張り出して来て虫干し。
5~6年ぶりに日の目を見た道具達。
バックやウェア類はジッパーが腐って再生不能。
DSCN4840多湿の場所で保存していたので錆腐っていないかドキドキものだったが、ご覧の通り錆一つ無く綺麗。
動作も問題なし。
DSCN4843驚いたことにフライも元気。虫食い無し、針にも錆無し。現役で使えそう。
巻いた腕が良かったか(笑 
秋になったら釣堀でも行こうかと。必要なのは収納バック類。
問題は毛針のつけ方をすっかり忘れてしまったこと。

コルナゴでいつもの臨港パーク

Colnago Master X-Lightあまりの暑さに、三崎に中落ち丼を食べに輪行する計画を諦め、日中は軽めにして臨港パークへ。
その代わり夜はTikitで東京に出る予定に。

日も暮れかかった海岸は風が気持ちいい。
いつも通り人は疎らで、1時間あまりボーッとして過ごす。
ただ、ひたすらボーッとしていた。
これはクセになる。
Colnago Master X-Light本日のお供はコルナゴ。
軽くて、しっかりしていて、しなやかで…やっぱり700cは速い。

トゥクリップを手に入れてエアロペダルに戻したくなった。

ブロンプトン泥除け塗装完了!

2ee89c27.jpgウレタンクリア塗装完了!
多少ゴミがのっているが後で削るとしよう。
長かった、そして高コストになった泥除け塗装が、これでやっと終わるかと思うと感無量。
ブロンプトンのフェンダー塗装は、どのモディファイより優先されるべきだと思う。
特にクラレットとかモスグリーンみたいな濃いボディー色はフェンダーを同色に塗ったら絶対にカッコイイ。
42bc8bad.jpgオートバックスに次いでHOMESの在庫も尽きた…(汗

トヨタ車用202から日産車用スーパーブラックに変更。
e7d7b526.jpgついでにHOMESで、中学校の時、年賀状を版画で作って以来の彫刻刀を購入。
c8183035.jpg使用目的はコレ。
泥除けが外に膨らむのを防ぐため、フラップ側を削ってみた。
ショップでポン付けだとここまでは考えてくれないよね。

ライトステーの塗装もついでにしておいたし、黒ネジも用意したので、ウレタンクリアーが乾いたら組みつけてブロンプトン完成!

あ、イージーホイールを忘れてた。イージーホイール必須。
61b04bfe.jpgブロンプトン完成準備の一環、バルブキャップを気品の紫に。
実はバイクを買うと必ずバルブキャップを交換していたのだが、ブロンプトンだけ米式の赤アルマイトがなかなか店頭に並ばず換えられないでいた。
ブロンプトン完成に備え、この度、紫で妥協。
0c6142b6.jpg横浜にあるバイクのバルブキャップ。左上、右、左下、右下の順で、AM、コルナゴ、Tikit、BSM。
cb238daf.jpgそして、本日は、虫干しを兼ねて横浜の全バイクを磨く&試走。
磨くのは楽しい。今となってはGINETTAのWAX掛けよりも…(汗
特に、コルナゴは磨いているだけで癒される。
美しい…。
磨いているだけなんて言わずに来週は横浜ポタでもするか。
73d70088.jpgハブなど本来はテンションだだ下がりな部位でも嬉々としてウェスを滑らせる。
128739f7.jpgこちらも…
いや、こちらは無理。スンナリとは無理。

萎える心を奮い立たせて、やっとのことで磨き上げる。
ウェスを細長く切るなど工夫が必要か。
来週、やってみよう。

REGAL GIRARDI 装着

0b4a6ffd.jpgREGAL GIRARDI を装着したので、試走を兼ねて臨海パークで撮影。
サドルが白から黒に変わっただけで陽気なイタリアンがただのイタリアンな印象に。

思ったよりイメージの変化が大きかったのでアルバムに写真を追加。

69c9a9a9.jpg似合いすぎて…収まり良すぎて、気持ち悪いほど。

乗り心地も最高。長く支持されているサドルというのはこういうものかと思う。
コンフォートながらもスポーティさがスポイルされていない。
ebd9f41b.jpgアップで。
ce3521a0.jpg後ろから。
このビューが格好良い。
ぶっとく四角いアルミ鋳造レールが存在感を示す。
b8462132.jpg斜め上から。
c2c84f73.jpg臨海パークの御食事処。
この距離でゆっくり出来るのが良い。
27ead54a.jpgフィルタークリーナーでチェーンを洗う技を知り早速実践。
WACO'Sフィルタークリーナー 1000ml。
チェーン洗い機に150mlほど入れてガラガラ回すだけ。
良く落ちる。
パーツクリーナーでクリーナーを落としてエアーを噴いて終了。
すっかり暮れなずむ三ツ沢まで試走。
66b18efc.jpg薄暗がりに浮かび上がるステンレスフレームがイイ感じだったので暫く眺める。

コルナゴモ、モールトンも一日中乗っていても飽きない。
日が暮れて乗れなくなると寂しい…
でも、早起きは無理(笑

REGAL GIRARDI 1986

b7dc0fb8.jpg長い間憧れていたが値が張りすぎて諦めていたセラサンマルコ(SELLE SAN MARCO) リーガル(REGAL)ジラルディ(GIRARDI) 初期型。
レストア雑誌などて良く見かけてはいたが、某中古チェーン店で30%引きでお手頃価格になっていたので即購入。1986年物にしては傷みが無い。
コルナゴの新たな顔になってくれるはず。
72546f62.jpgレールはアルミ鋳造。
ここが脆いとの記述あり。
この形状でシートポストの櫓に乗るのかと一抹の不安を覚える。
fcb956b2.jpgリアビューも格好良し。
コルナゴにお似合いなはず。
01daf890.jpgサイドビューは少しポッチャリ気味だがギリギリ許せるところ。
この辺りの年代のロードの定番と言って良いだろうこのサドル、やっぱり美しい。
明日、装着予定。

コルナゴ散走

21953a91.jpg本日はコルナゴ三昧。
近所をグルグルとポタリングしただけだが、セッティングもバッチリで気持ちが良い。
横浜に来てからは、荒川のようなコースが無いので、ステムを上げて街ポタ仕様。
d5f763f9.jpg横浜駅近くのドトールに自転車を縛り付けるのに丁度良いガードレールを見付け、チーズケーキとコーヒー一杯で長居。辺りはスッカリ暮れなずむ。
裏山から富士が見えたので、2ショット写真。

最後に晴れたのでテストラン

b2e8b1ec.jpg本日は夕方まで雨。一日掛けて、やり残していたコルナゴのFD調整。フォークのガタがあったのでヘッドパーツの増し締めとブレーキの鳴きを調整。
AM-GTはフロントサスの硬さを調整してみた。

そして、夕方、まだ路面は濡れていたけど試乗。
まずはAM-GTから。まとまった距離を走るのが楽しみ。
とりあえず瀬谷までコペンで運んで、境川サイクリングロードを往復してみようかと。
32c78a5e.jpg現在のAM-GTの姿。
夕日に映えるスギノの60T、大迫力。
4b68fda6.jpgそしてコルナゴ。
結局、インナー・ローの時のFDとチェーンの微かな擦りは取り切れなかったが状態は概ね良しと言えるのでは。
こちらはコペンに積めないので、輪行を研究中。
ロードは綺麗な路面しか受け付けないので行き先に悩む。
諦めて東京に戻して江戸川専用にするか…

コペン帰る

2e648ff1.jpg2個目のえくぼ傷の修復のため入院していたコペンが戻ってきた。
なんか嬉しくて無性に走りたくなったが、生憎の雨。
GREEN SYCLE STATIONに寄って帰宅。
Tyrellのカタログを貰う。
CSIを眺めること30分。晴れの日に試乗させてもらうことに。
0095e8fa.jpg先週、WAX止まりだったColnagoをBlueMagicMetalPolishCreamでポリッシュ。
雨で乗ることが出来ないのでディレイラーの調整は先送り。
803f8686.jpgう~ん。
カンパは美しい。
磨くと心躍り、思わず笑みがこぼれる。
a9258203.jpgフレームの方もメッキ部をポリッシュ。
もう一度WAXがけ。
磨いては眺め、磨いては眺め。にまにま。
かなりキモイかも。

雨の日にはこんなことしか出来ないから。
なんかこちらも無性に乗りたくなった。
42fb4690.jpg秋葉の路面蕎麦店”あきば”。
本日、PM10時、通りがかったら営業していたので、温かい天ぷら蕎麦と写真の戸隠手打ちせいろを食す。
営業時間が曖昧なこの店(しょっちゅう閉店している)、客の入りも少な目だが、かなり気に入っている。


FDの調整うまく行かず

581c44bc.jpg横浜に用事があって寄ったついでにコルナゴのチェーンを洗浄。
う~ん、シャラシャラ回って気持ちいい。
最終バスまで時間があったので、少々気になっていたアウター・ロー時のFDとチェーンの当たりを調整しようとネジを回し始めたら…あれよあれよという間にドロ沼にハマリこんで1時間経過。正確には、1時間経過しても当たりは出ずじまい。終バスを逃して本日は横浜にお泊り。これからネットで情報収集。

Colnago、多摩川を渡る

5febcbcc.jpgコルナゴで秋葉原から横浜へ。
仕事で出発が遅れて多摩川を渡る頃にはご覧のようにどっぷりと日が暮れてしまった。
半分、ナイトランだったにも関わらず、移動時間1時間36分は記録。
平均移動速度も20.88km/hとゴーストップだらけの一般道で河川敷並の巡航速度。
そのくせROMAⅡの時よりずっと余裕を持って走れたし、体も断然楽だった。
きっとコルナゴのお陰なのだろう。
冬一番の冷え込みだというのに、家に帰り着いた時にはパンツまでグッショリ汗だらけ。

本日の記録

COLNAGO乗り納め

eebb047a.jpg2011年COLNAGO乗り納めに荒川へ。
上りは超逆風。ほとんどローギア付近で登坂モード。
平井から岩淵水門まで路面だけ見ながらひたすらペダルを踏む。
39e7c173.jpg本日デビューのボトル。
800円でもニューパーツは嬉しいもので、走行40kmで4回ほど給水した。
505e751b.jpg岩淵水門で食事。
と言ってもおにぎりを2つ。
景色が違うとおにぎりもご馳走になる。
が、留まっていると寒いので早々に引き上げることに。
下りは超追い風。トップギアで巡航。

気持ちイイッ!

本日の走行記録

コルナゴで荒川

8537a3d3.jpg仕事の合間を縫ってコルナゴで荒川。
寒々しい景色だが走行中はほんのり汗をかく。
ただ眼球が冷たくて、アイウェアの必要性を感じた。
(夕方の河川敷では虫除けにも必要だが)

Cレコード エアロ装着

8508706d.jpg仕事の合間をぬってコルナゴで不忍池。
エアロペダルの試走。
もうすっかり冬。
20cのタイヤも極まってる。今のところ走行にまったく支障無し。
2e172cba.jpg見た目に反してグリップは良く、トゥークリップ無しでも十分行けそうだ。
トゥークリップ、ストラップ装着となると立ちゴケが恐ろしい。

それはそうと日に晒されるとクランクの瑕が…

次はチェーン交換。

タイヤ・ステム交換

fffc35b1.jpgエルゴパワーの修理の次はタイヤ。
ひび割れていた23cを同ブランド同グレードの20cに。
ちょっと走っただけでは乗り心地に差は感じられなかった。
それより見た目の差で大満足。クロモリフレームに細身のタイヤはやっぱ格好良い。

全体写真はペダルが付いてから撮影しようかと。
3a84ecad.jpgもう一つ、同ブランドの同じ物を買い替え。
チネリのハンドルステム。こちらは突き出し95mm(090mmかも)を80mmに。
短腕をカバーしてポジション的にも、見た目的にも大成功。

後はひたすら磨くだけ。