BICYCLE GRAFFITI

自転車の記録

CATEGORY SCHLITTER LIGHTNING HALUZAK TW-BENTS GREEN SPEED BURLEY PERFORMER CHALLENGE M5 Pacific ALBUM
TYRELL ALEX MOULTON BikeFriday Panasonic BRIDGESTONE BROMPTON BRUNO DAHON r&m FORCUS Colnago

アジフライを食べにSchlitterで逗子

DSCN0388本日はSchlitter Encoreの試走とリハビリを兼ねて逗子まで。前回は金沢八景で引き返したのでかなり距離を伸ばして往復60km。たった60kmでも最後にはヘロヘロになったので体力の衰えは重症だ。次回はなんとか80kmを目指す。 

本日の記録
DSCN0392本日の目的飯、アジフライ(ミックスフライ)と鯵のなめろう。

う~ん…ハードル上がり過ぎていたせいかかなり不満足。ランチメニューにあるのにランチ価格が適用されずCPもすごく悪い。 
向かいの行列店「ゆうき食堂」の方が本命なのか。でもアジフライはないんだろうなぁ…
そんなわけで次回は腰越漁港でアジフライ。
DSCN0412小坪とはこういう場所。
有名な逗子マリーナにて。 
DSCN0409クルーザー大迫力。 
DSCN0408小坪の海。ていうか堤防とEncore(汗

肝心なEncoreの戦闘力はと言うと判断不能。まだまだ未知数。まずは体力回復から。
DSCN0419これ、最近ハマった1本満足カルピス味。第一休憩ポイントの金沢八景手前のファミマにて発見。品切れしていることが多くてなかなか出会えないのだが見かけたら是非お試しあれ。
お勧めはカルピス味のみ。 
DSCN0367コブラのフラグマウントを製作中。アキバに戻ったら螺子屋で金具、模型屋でカーボンパイフを探す。

コブラが帰ってきた!

DSC02008RIFLEと入れ替えに出戻ったコブラ。
これで関西観光しようかと整備、モディファイ。
関西遠征は今まで何度も機会を逸してきたので、初秋にはなんとか実現したい。

腹開きのうなぎを食う。
京風こってりラーメンを食う。
ラヂオ焼きを食う。
淀川CRを走る。
DSC02003RDをトップノーマルの物に暫定交換、ワイヤーの張替え、ディスクブレーキの当たり調整。シートクッション交換、 ボロボロになったアイドラーを新調。
DSC02006残る作業は
スプロケットの交換
RDの見直し
フロントホイール交換

落ち着いてからフレーム塗装。 

DSC02010フレーム脇に空けられたなぞの螺子穴(おそらくキャリアーを装着する為の穴)。アダプターを作ってボトルゲージが付くようにした。まぁまぁ上手くいったので明日は反対側にも装着。

Schlitter Encore

DSC01998先週組み上げたEncoreのシェイクダウンに金沢八景まで。湘南まで足を伸ばさずに金沢八景で引き返すことになったのはEncoreのせいではなく、ひたすらエンジン出力低下に拠るもの。
本日の試走で判明した課題。

<課題①>クランク長-10mmの影響かフロント46Tのせいだろうか、まったく加速が鈍い。反面、速度維持(回転維持)は楽。今までローラー以外ではあまり経験のないケイデンス100rpm(維持)なんて数値が平気で叩き出されてしまう。ちょっとビックリ。
とは言え、あまり楽しくないのでまずはチェーンリングを見直したい。
DSC01997<課題②>懸念していた通りクランクヒットが発生。いっそクランクを削ってしまおうかとも考えたのだが、あるBLOG記事でTRAIGONのフォークの肩下長が他の700cロード用フォークの標準(370mm)より5mmほど長いということを知って思い留まる。それらしい記述が他になかった無かったので、販売代理店である岩井商会に肩下長を問い合わせてみたのだが完全無視された。かと言って諦めるわけにも行かずが、一か八かフォークを注文。解決するか否かは運次第。
DSC01993<課題③>ハンドルについても課題が発生。左右のハンドルの角度が極端に鋭角になるのが嫌だったのでライザーにスペーサーを噛ましてハンドルの高さを20mm伸ばしてみた。
が、う~ん、やはりライザーは短いほうがEncoreらしいかなと。再考。

DSC01990後ろから。  
DSC01992コックピット。
自作のガーミンホルダーはうまく嵌ってくれて良い感じに仕上がった。視界を邪魔することも無く画面も見やすくバッチリ。

<課題③>RANSよりずっとタイトなハンドルバーのせいで少々ふらつくだけでラピットファイアー式のシフターが脹脛に当たる。オープンハンドルにバーコンが採用されることが多いのはこれが要因なのだろう。
バーコン、11速化に踏み切るかどうかも検討。
DSC01999課題をクリアすればとても気持ちの良いバイクに仕上がるのは確か。
早々にモディファイを進めたい。 

Schlitter Encore 着々と

DSCN0357クランク到着~♪ 
DSCN0358スギノ OX801D。チェーンリング2枚構成なのに110と74のPCDを持っているのでワイドレシオなスプロケットが選択出来る。今回は46-30T。FDのキャパシティが許すのなら、46Tは後ほど48Tと交換するかも。
色もデザインもシュリッターにピッタリ。あまりに似合いそうなので、クランクヒット問題が発生したら(XD2にクランク変更するのではなく)肩下の長いフォークを探す覚悟が出来た。
DSCN0352DUMAに着いて来たUブレーキ。小径を制動するには力不足だったが、700c相手なら活躍してくれるのではないかと。シューは交換予定。 
DSCN0346中古価格以下で新品購入できたRD。未だ理由が判らない。箱が多少擦れてたからかな。 
DSCN0354FDはトップスイングでないとダメなのか? FDをマウントする棒(何と呼ばれているのだろう)がかなり短い。

これで、チェーンを通して、ワイヤーを張れば走れるようになるはず。
作業は週末。 

Schlitter Encore 組み始め

DSCN0173RANSとSchlitterを組み上げるために部品の整理。
整理だけで軽く3時間ほど時間を取られる。

在庫部品である程度賄えたので、RANSの方はRDが届けば完成。
Schlitter はクランク、FD、RD、フロントブレーキが揃えばとりあえず版が完成。
DSCN0176僕のSchlitterは152㎜のショートクランクが指定なのだが(Xシームが短すぎて長いとクランクヒットする仕様なので…)、この長さに該当するものはスギノのXD2のみ。ところが、このクランクすこぶる格好が悪い。カラーもシルバーのみ、どうしても使いたくない。
う~ん、根拠はないのだが、もう少し長くても大丈夫なんじゃね? ええい、当たったら削ってちまえばいいんだ!と無謀な賭けに出てスギノのOX801D COMPACT-PLUS160㎜をポチる。はてさてどうなる事やら。
DSCN0178ここまで組んでみて、このバイクがなかなか丁寧な作りであることに関心。設計も含めて職人仕事が所々に垣間見れる。シート回りなども部品点数が多く、組み立ては面倒なのだが、調整の自由度が高くて好印象。
早く完成させたくなったが部品は集まるのだろうか。 

Schlitter Encore 開封の儀

DSCN0328WEBで翻訳したカタコト英語でやり取りを初めてから70日、遥々スェーデンからSchlitter Encore(シュリッター・アンコールと読むらしい)フレームセットが届いた。
Fedexのお兄ちゃんが帰ってから20秒もしないうちに開封した図が左。右は少し冷静になって緩衝材を除いてパッケージングの様子をわかりやすくした図。
梱包は可もなく不可もなくと言った所か。
DSCN0332夜になって少し涼しくなったので事務所に持ち込んで内容物確認。
取説的なものは無いがぅランプなどの細かいパーツは装着済みで、ほぼ組み付けるだけの状態になっているので問題無し。
DSCN0333ヘッドセット、クラウンレースも取り付け済み。ちなみにFSA。
DSCN0334シートマウントも装着されていて、シートの背もたれ側も穴があけてあるので位置決めの必要が無い。 
DSCN0335Schlitter のロゴが誇らしげ。

オプションの軽量シートを頼んだので送料込みで1915ユーロになってしまった。
日本の消費税8%、送金手数料が6500円がそれに足される。
それでもカーボンフレームバイクとしてはかなり安いのではないだろうか。
DSCN0337赤い2本線とBBのセンターとの距離が短いのは短足の証(汗
アンコールに乗レルミニマムのXシームであることは間違いない。
ちなみにXシームは100㎝。


DSCN0339現在は東京では作業が出来ないので、本日は開封チェックまで。週末、横浜にて仮組予定。

大阪遠征機であるトレンクル号にシートバッグを装着。マシンの準備だけが着々と進んでいる。

超追い風は…

DSCN0269本日はリハビリに荒川CR。少しでも長い距離を走れるようになるために目標を100㎞に設定。

本日の記録。

DSCN0275結果から言うと、80㎞しか走れなかった。それも平井に戻って来た時にはヘロヘロ(涙)。
追い風に悩まされたとはいえ、改めて体力の落ち込みを認識した。 
DSCN0290日焼け対策だけは万全…
でもなくて戻った時には目尻の下が真っ赤っか。 隈取みたいで余計変な事に。
DSCN0301ここ大宮まで40㎞、あと10㎞走れば往復100㎞達成だ。ここまで時速30kmで走っていても”無風”という”超追い風”に押されて爆走して来たので、かけらも疲れていない。本日初めての休憩中に10㎞先の食事処を検索しながら、ふと帰路の方に顔を向けると、ビュービューと音を立てて頬を圧迫する突風。
う~ん、まだまだリハビリも半ば、しばらく100㎞越を走っていない自分には、この風を切り裂いて走り貫く自信がまったく無い。
ここはつまらぬ意地を張らずに引き返す事に。 
DSCN0309思った以上の超向い風。早めに引き返したのは大正解…
と思いきや、敵はそれを更に越えて強大であった。
膝が軋むほどの反発力にたまらず走行を断念…  
IMG_20150602_134013食事中に超向い風が少しでも弱まってくれる事を期待して高島平で”お好み両面焼きそば”。

25周年記念の企画物らしいのだが、卵の薄焼きが焼きそばに乗っているだけ、”お好み(焼き)”の要素はほとんど感じられなかった。次からは絶対に生卵だな。
何でもスタンダードが一番。   
DSCN0321食事を終えて店の前で撮影。
切なる願いも虚しく、のぼり旗の躍動感が凄い事になっている。
重いペダルを踏み出して地獄のサイクリングを再開。 

※ボトルの蓋が見当たらないのは道中で落してきたため。
DSCN0322どんだけ凄いかと言うと…
ご覧のとおり。もうひっちゃかめっちゃか。

Android時計に表示された値は12m/s! もちろん風速。
yahoo天気予報では 3~4m/s の予定だったのに。   
DSCN0327少し収まっても 9m/s。Moto360の出現で用済みになったSmartwatch3が自転車用として大活躍。
 
結果、80㎞が結構キツかった。頑張らないと。
チェーンの油が切れてキシキシいっていた(次回はルブ持参)。 
まぁ、なんだかんだ言っても、晴天に恵まれて、田んぼの緑も美しく、なかなか楽しかった。 

DJANGOで横浜周回

IMG_20150524_150733Ventus、P-38、Rifle、CMPCTときて本日はDJANGOのターン。
遅い昼食に角平でカツ丼。横浜では有名なお蕎麦屋さんだが厚さ2cmもあろうかと思われるカツ丼もなかなか旨い。  
DSCN0215角平を後にして横浜周回、 30~40kmほど。
DSCN0219イベントで賑わう山下公園を抜け、根岸を通って… 
DSCN0225磯子まで。
相変わらずDJANGOはバランスが良い。ハンドリングは抜群だし、腰のホールドが良くて加速でも坂道でも踏ん張りがきく。人混みの中をチンタラ走っても、車道をびゅんびゅん飛ばしても、どちらも快適。 

もんじゃ丼に備えて

DSCN0207近々のうちに挑戦しなければならない ”もんじゃ丼” への耐性を作る為に、本日は弘明寺で ”お好み焼き丼”。
想像はしていたものの、あまりに普通に食べられたので拍子抜け。むしろ普通過ぎて、旨い不味いの比較対象が天丼やカツ丼になってしまう。小麦粉に包まれた内容物を考えると、ライバル達の”海老”や”豚肉”に対してこちらは”キャベツ"、う~ん、どうしても不利か。
ここはやはり、別次元”もんじゃ丼”に期待! 
DSCN0209お供はCMPCT。 大岡川と。
DSCN0206CMPCTのコンパクトなコックピット。所有リカンベントの中で唯一折り畳めるのが特徴のCMPCTなので電車で出かけたい。

sennheiser HD580,590復活

DSCN0166よれよれになったイヤーパットと断線して接触が不安定だったケーブルを交換してHD580が復活。
久しぶりに聞く名ヘッドホンの音は素晴らしかった。 
それにしても補修部品の高い事高い事、中級ヘッドフォンが一個買えてしまうほど。
まぁ、物を大事にする事は良い事か。

DSCN0168そして同じくパットとケーブルを交換してHD590も完全復活。
こちらはHD580よりメリハリが効いていてmp3プレイヤー向き。

ヘッドホンアンプにも通電してみようかな。
ボリュームとか接点が無理っぽいな。 
 

RIFLEで八景島

DSCN0198昨日の構想通りRIFLEで出撃。病み上がりなので八景島まで「地あなご野菜盛り合わせ天丼」を目的飯にしてミニサイクリング。

本日の記録


ご覧の通りの晴天で日差しも強く、膝のサポーター跡が恥ずかしいくらいに日焼け。
DSCN0190軽くて速いRIFLEだが、街乗りではこんな欠点が。Xシームが100cmそこそこしかない我が身には車高が高すぎて、信号待ちなどて片足を地面に着いて停まる事が出来ない。いや、出来る事は出来るのだが、帰路など疲労が蓄積している時にちょっとバランスを崩したりすると太腿がつりそうになる。何より停車する姿がみっとも無い上、発車時にも足を高々と跳ね上げなければならないのでバランスを崩すことが多い。
従って、足はペダルに置いたまま、ご覧のように、ガードレール、電柱、鉄柱などいろいろな物に掴まって(寄りかかって)停車するしかない。慣れてくれば掴まる事自体は問題無くなるのだが
赤信号の度に堅牢な止まり木を探すのが少々ストレス。
それ以外では完璧なRIFLE、CR専用にしようかな。
 
DSCN0201さて、目的飯の「地あなご野菜盛り合わせ天丼」だが、お店付近まで来て思い直す。南瓜とサツマイモの天ぷらが嫌いだ。 盛りが半端ないって事なので画面的に選んてはみたものの、大盛りの気分でもない。
小柴漁港にも寄ったがシャコが無いようだし、引き返していつものサンマーメン。
次回はきちんと計画を練らなくては。


DSCN0191休憩に丁度良い距離に出来たファミマにて、水分補給。
トマト…?
う~ん…。 
DSCN0203本日はリハビリと言うこともあって40kmそこそこで切り上げたので、余った時間でCOLNAGOのタイヤを膨らませて近所を一回り。リカとはまったく違った感覚に驚く。

来週は60kmくらいを目標にして出撃したい。
少しずつ距離を伸ばしていって、鈍った体と心を鍛え直す。
 

ウェントスでヨドバシまで

DSCN0183本日は生憎の雨模様。そこで、調整を繰り返していたアイドラーの最終確認のためにウェントスでヨドバシまでお買い物。う~ん、快調。雨さえ降らなきゃいつまでも乗っていたくなる感じ。今更気付いたが、ウェントスってゆったり走るにはいいバイクだ。Djangoに通じるところがある。アイドラーも問題無し。いい加減GIOSデカール消さなきゃなぁ。
新たな課題としてブレーキレバーについて見直す必要がある。ロード、MTB共用レバーなのだが、前がBachettaのキャリパー、後ろがAvidのディスクと言う組み合わせなので、補正仕切れていない。
明日は晴れ。さて、何で出ようかな。 久々にライフルなど…。

ブロンプトン整備

DSCN0158昨日、ブロンプトンの整備。本来なら本日、カングー氏と氏の同僚と谷根千ポタ予定だったのだが、敢え無く中止。
昨夜から原因不明の高熱が出てポタリングどころではなかったので丁度良かったのだが…
   
DSCN0155そんなことになるとはつゆ知らず嬉々としてブロの整備。見た目の問題でチェーンリング交換。径は小さくなるが孔が無い方が格好良いとの理由から。  
DSCN0151ついでに黄砂と花粉で真っ黄色だったコペンを洗車。
コペンは洗い晒しなのに… 
DSCN0153ブロはWAX掛けまでしてピッカピカ。   
DSCN0160あまり点灯した記憶が無いリアライトだが1年ほど放置していたので電池切れ&粉吹きしていたのでこれも修復。

熱は下がったのだがGWが台無しにならないか心配だ。

AppleWatch キャンセル

DSCN01616月発送も疑わしい事からAppleWatchi熱も冷め始めた頃、連れがiPhone6を購入。アプリやデータの移行など色々やらされているうちに、iPhoneが思ったより魅力的で無い事に気付いた。バッテリーの持ちも、デフォではお話しにならないくらい短いそうだし。iPhoneを買う気が急激に失せて、当然、AppleWatchもキャンセル。
XperiaZ4の登場を待つことにする。
そこで、AppleWatchにマスキングされていたが、実は欲しくて堪らなかったMoto360をAmazonにて注文。プライム恐るべし、昼に頼んで夜に届く。
富士通の丸型ディスプレイの特許に抵触するとかで日本未発売の並行輸入品。
  
DSCN0164アプリはSmartWatchと共通なので同期していきなりテスト。今のところ良好。デザインはAndroidWear対応機では一番かと。
高価なAppleWatchが先に届いていたら、無理矢理iPhone使ってたんだろうなぁ。

Tilt Steering Adapter装着

DSCN0134週末は生憎の雨模様。クラクラ日和ではあるのだが、あまりにも不健康すぎると思い、クラクラの合間に少し時間を取ってP-38にTilt Steering Adapterを装着してみることに。    
DSCN0139左がTilt Steering Adapterで右が元々装着されていたステムアダプター。ステムアダプターにも左と同じ様にウスが付いているものなのだが、ウスはフォークのコラムの中で固着…orz
どんなに潤滑剤を吹き込んでも、金槌でひっぱたいても、ハンドルを倒して捻じってみてもびくともしない。
幸い切込みの角度も一緒だったので、固着したウスをそのまま使ってTilt Steering Adapterを装着。 
DSCN0142完成。
結構苦労して装着したのだが、ステムが長すぎてシックリこない上にチルト構造であるが為かハンドルを握った時の剛性感がまったく失われてしまったので、すぐに元に戻す(涙
 ま、楽しめたからいいか。